会則 Regulations of society

第1条【名称】

本会は 日本乳がん看護研究会(Japanese Association of Breast Care Nurses)と称する。

第2条【目的】

本会は、女性と健康という視点から乳がんの予防および乳がんに罹患した患者や家族のQOLを向上するために乳がん看護全般の充実を図ることを目的とする。

第3条【事業】

本会は、前条の目的を達成するために次の事業をおこなう
1.研究会の開催
2.研究会誌等の発行
3.その他、本会の目的を達成するために必要な事業

第4条【会員】

1.本会には正会員と賛助会員を置く。
2.正会員は、本会の趣旨に賛同する看護師、医師、その他のコメディカルとする。
3.賛助会員は本会の目的に賛同し事業を賛助するもので、世話人会の承認を得た個人または団体とする。

第5条【入会および退会】

本会に参加を希望する者は、所定の手続きによる入会申し込み用紙を、本会事務局に提出するものとする。会費の納入を持って本会の正会員または賛助会員とする。
1.既納の会費は、理由のいかんを問わずこれを返還しない。
2.次の各号の一つに該当する正会員・賛助会員は、退会した者とみなす。
1)本人から退会の申し入れがあった時
2)特別な理由なく、2年間以上会費を納入しない場合は、正会員・賛助会員の資格を失う。
3)正会員および賛助会員の名誉を著しく傷つけた場合には、世話人会の承認を得て正会員および賛助会員の資格を失う。

第6条【会費】 

正会員の会費は年額3,000円とする。また賛助会員の会費は、一口5,000円とし、一口以上とする。

第7条【役員】

1.本会には次の役員を置く
代表世話人 1名
世話人 若干名
会計監事 2名
地区委員 若干名
2.代表世話人は世話人会で世話人の中から選出し、総会の承認を受ける。
1)代表世話人は本会を代表し、会務を総括する。
2)代表世話人の任期は2年とし再任を妨げない。ただし3選されない。
3.世話人は世話人会の議を経て代表世話人が委嘱する。
1)世話人は世話人会を構成し、会務に関する事項を決議する。
2)世話人会は年1回以上開催する
4.会計監事は正会員の中から選出し、世話人会の議を経て代表世話人が委嘱する。
1)会計監事は会務の適切な運営および会計の監査をおこなう。
2)会計監事の任期は2年とし再任を妨げない。ただし3選されない。
5.地区委員は正会員の中から選出し、世話人会の議を経て代表世話人が委嘱する。
1)地区委員は世話人会から委任された事項を実施する。

第8条【顧問】

本会に顧問をおくことができる

第9条【研究会誌】

1.本会の会計年度は毎年9月1日から翌年8月末日までとし会計報告をおこなう。
2.本会の経費は会費および寄付金等を持ってこれに充てる。

第10条【会計】

1.本会の会計年度は毎年9月1日から翌年8月末日までとし会計報告をおこなう。
2.本会の経費は会費および寄付金等を持ってこれに充てる。

第11条【事務局】

事務局は代表世話人のもとに、会員名簿の整理、会費の管理等研究会の運営に必要な諸事務をおこなう。本会の事務局は、当分の間、下記に置く。
千葉大学大学院看護学研究科 成人看護学領域内
事務連絡責任者 阿部 恭子
〒260-8672 千葉市中央区亥鼻1-8-1

第12条【総会】

1.定期総会は毎年1回代表世話人が召集する。
2.総会は正会員の1/10以上の出席で成立する。
3.総会の議事は出席正会員の過半数をもって決する。

第13条【会則の変更】

本会則の変更には、世話人会の議決を経て、総会の承認を得なければ変更することができない。施行細則 本会則は平成16年10月23日より施行する。

ページトップへ戻る↑